車間距離の不思議

通勤は一般道で、生活道路や片側二車線の国道を毎日片道20キロ弱走っている。高速道路を走るのは今や遠方の友達に会いに行く時くらいしかない。煽り運転事件のせいで、お行儀のいいクルマが多くなった印象がある。しかし一般道はまだまだ危険だ。

なんでみんなそんな車間距離を詰めるの?

よく観察すると、「煽ってくる」クルマというのは実際それほどいない。多くの場合、ただ単に車間距離を保っていないだけの人々だ。私は後ろにぴったりくっつかれるのを超不快に思うタイプだが(空いている駐車場で隣に停められるのも勿論嫌だ)、「今、私が急ブレーキをかけたら間違いなく追突してくるだろう」と感じるくらいに詰めてくる。

会社の周辺は白バイや覆面の狩場エリアとなっている。主に信号無視を監視しているようだ。それを知っているドライバーは黄色信号は無理をしない。私も黄色信号では突っ切らない。だが減速時に後ろから突っ込まれるんじゃないかとヒヤヒヤしたことは一度や二度ではない。

私は前車との車間距離を「何かあっても止まれるであろう距離と速度」で保つことに努めている。そうすると今度は前にバンバン入って来るが、それは構わない。シフトアップ、シフトダウンで速度調整しつつ、適度な距離をまた開ければいい。

だって突っ込みたくないもん。前に背の高いクルマやトラックがいたら、前の様子がわからない。自己防衛するには車間距離を開けるしかない。

と日頃思っているのだが、詰めてくる後続車はそんなことは思ってないのだろう。一度だけ、あり得ないほどぴったりくっついてきたランド〇ルーザーに意思表示をしたことがあるが、一歩間違えたら事故に繋がりかねない方法だったので深く反省している。その時は私も腹が立っていたのだ・・・右折レーンに入り、通過するラン〇ルの運転席をチラっと見ると若い女だった。

私も女なのであまり言いたくないが、経験的統計上、背の高いクルマに乗る若い女と、軽またはコンパクトに乗る若くない女の車間距離の詰め方は恐ろしい。彼女らのクルマは一見してごく普通またはラブリーなので、見た目で「ヤバい」とわかるクルマとは違ってなおさら恐ろしい。朝の通勤時間帯はほとんどのクルマが通勤車なので混雑していてもスムーズなことが多いのだが、たまに危険を察知してミラーを確認すると高い確率で彼女たちがいる。信号待ちで化粧していたりする。青になってもそのまま気づかず、気づいた途端にものすごいスピードで後方に迫ってくる(今朝の出来事)。その点、男性のほうがわかりやすい。多くの場合、クルマから感じる印象と運転態度はほぼ合っている。

(が、以前ジョンシリウスのルーテシアRSに磁石のごとくぴったり後ろに張り付かれて不快になったことがある。さっさと右から抜いて行ってよこのヤロー!と)

不思議だ。
例えば背の高いクルマ。視界良好のはずだし、運転もしやすいからこそ売れているのだろう。高いところから周囲を見ているのだから、なぜそこに心の余裕が生まれないのか。それとも逆に余裕があるの?急制動で確実に安全に止まれる、という自信と余裕があるからあんな詰めてくるの?それとも、見えている世界が違うのだろうか。

何であろうが、私は突っ込まれるのはゴメンだ。突っ込むのもイヤだ。周囲のクルマの流れに対して常に危機察知アラームをオンにしておかないと毎日の通勤は務まらない。

日々、慣れることのないよう気をつけている。

 

 

sponsored link

車間距離の不思議” への4件のフィードバック

  1. DRIVER "A" のコメント:

    長いと思えるような人生でも、自分が心底好きになるクルマに出会えるチャンスはそう多くないと思います。その点から言えば、トサマさんはお幸せですね。
    (私もルーテシアに出会えて幸せですが)
    時々、死ぬまでにあと何台(免許返納までに、とも言える)乗れるかな、と考えたりします。やはり、まず眺めて美しいクルマに乗りたいです。
    シルエットが絶品なクルマ・・・どうか大事にしてください。
    萬代橋、画像を見てみました。パリにある橋のようで素敵な雰囲気ですね!ノイズムはとりあえず活動続行のようで安心しています。まだ本拠地で鑑賞したことはないのですが・・・

  2. トサマ のコメント:

    2001年式のマツダロードスターを中古で買って8年、銀色でATだったせいか格安でした。セカンドカーですし、歳とともに距離が伸びなくなりました。やはり疲れます。手放そうと思うこともあるのですが、開放感と美しさが踏みとどまらせています。特に夜、BBSのホイールとシルエットが絶品なのです。毎年十数万の絵画を買っていると思っています。
    ルーテシアは、部品の供給に時間がかかっていて、もう1ヶ月経ちました。ファーストカーとしては少々心配です。
    それから、橋の話ですが、信濃川河口にかかっている萬代橋(ばんだいばし)は美しいです。重要文化財です。ノイズムの本拠地、新潟市にあります。

  3. DRIVER "A" のコメント:

    おはようございます。わかります!朝からヤキモキしたくないですよね。同感です。
    「そんなに急いでどこ行くの?」って思います。地元の国道の場合、車線のどちら側を走っても、
    どんな速度でも、結果的にはあまり時間差は発生しないんですけどね・・・
    話は変わりますがロードスターにお乗りなんですか。マツダでしょうか。私、今もしルーテシアが壊れて再起不能になったら、
    ロードスター(黒)にすると思います。

  4. トサマ のコメント:

    まったく同じような気持ちに昨日、今日なりました。家を出てすぐ、軽自動車が付いてきて、信号が黄色なのに突っ込んで来る。バックミラーには若い女性。信号ダッシュで、仕方なくアクセル踏み込みました。が、付いてくる。遅刻が心配なのかしら。昨日はリーフで、中年女性、こちらもくっついてきて、いくつかのコーナーで振り切った。
    朝からこんな運転したくはないのです。一応、ロードスターなんですが、いやはや、まだ眠いのに。
    ※ルーテシア修理中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です