納車に至る病

思えばルーテシア納車前もそうだったではないか。

暇さえあればWEBで画像や記事を総チェック。国内に留まらず、ヨーロッパにまで検索を広げて画像やパーツを見て楽しんでいた。私のルーテシアのフロアマットはイギリスから取り寄せたものだ。

Youtube動画は試乗レポはもちろんのこと、「MT車運転動画」なども見ていた。教習所以来のMT車だったので、動画でおさらいしていたのだった。今思えばあまり必要はなかったけれど気分は上がった。

それから、納車されたら車内で聞きたい音楽のプレイリスト作りにも余念がなかった。が、実際はその日の気分で聞きたい音楽は変化するのであまり意味はなかった。でもイメージトレーングにはなる。

それから『みんカラ』を徘徊もしたなぁ。『みんカラ』のおかげで、今もお付き合いのある大切な友人達に巡り合えた。訳あって一旦アカウントを抹消したが、ひっそりと男っぽい名前で復活している。ただ何も発信はしていない。今回は同じ車種のお友達を必要としていないが、あまり情報量の多いクルマではないので、後進のために整備手帳くらいなら投稿してもいいかもしれない。

Twitter等のSNSは苦手なのでこれまで通り発信はしないだろう。短い文字数だと妙なポエムになってしまって自分で嫌なのだ。誤解のないように伝えるにはやはりブログのほうがいい。

そして、Amazonマーケットプレイスなどで発売当時の特集本などを購入。たまたま電子版もあったが、物足りなくて紙面版も追加購入してしまった。寝る前にページを捲って眺めている。ルーテシアの時はカタログや雑誌記事を何度も何度も眺めていた。美しい真っ赤なクルマを、今か今かと待ちわびていたあの日々。思い出すと泣きそうになる。

さて、そのルーテシアの12ヶ月点検とオイル交換を行ってきた。本来は6月だったが、病気の治療真っ只中だったため延びていたのだ。


オイルはきっちり5,000キロごとに替えているので、もうこれで何回目になるのか。そして、最後のオイル交換、最後の点検整備だ。どこも悪いところはなく、まだまだ元気。次のオーナーのためにも替えられるところは新しく替えたので、気持ち良く乗り出して欲しいと思った。私のルーテシアを「カッコいい!」と何度も褒めてくれた方なので、きっと楽しく乗ってくれるはず!!その他、任意保険のことや次のクルマのことなどをお話したりした。

豪雨の中、店から出て走り去って行くルーテシアたちの後ろ姿を店内から見て、やっぱり美しいクルマだなあ、と心から思った。

今でも私のルーテシアは美しいと思う。6年以上、愛情は冷めなかった。この熱しやすく冷めやすい私が、だ。
次のクルマはルーテシアの美とはまた違うタイプだ。「美しい・・・」と感嘆するより、「カッコいい」と感嘆することのほうが多い予感がする。

中古車なので整備をして車検を通すことからスタートするので、納車までにはもう少し時間がかかる。残されたルーテシアとの日々を大切にしたい。

そして、季節的にはまたそろそろあの記事を書く気候になってきた。毎年恒例のあのテーマだが、今回は次のパートナーが来てから書こうと思う。

4 Replies to “納車に至る病”

  1. ラストドライブ、という切ない響き・・・最近は毎日の通勤ですら「もうこの子とは残り少ないのだ」と思って
    愛しんでいます。ご一緒にルーテシアで伊豆を走った思い出が懐かしいですよね・・・
    コペンローブいいじゃないですか!リーパーさんならアグレッシブなコペンと化しているでしょう。
    男性が1人で乗っていても素敵な感じだと思います。

    私の次のクルマも納車されたら早急にタイヤ交換の必要がありそうです・・・
    初めての中古なので色々とケアが必要になりそうですがそれも含めて楽しみです♪

  2. そうなんです。私のルーテシアを乗りたい!!と言ってくれる方が現れて、いっきに話が進みました。
    なので、どこかへドナドナされるよりもずっと幸せだと思っています。
    次のクルマは金食い虫になること間違いないと思います・・・お給料全部ぶっ込みそう笑

  3. ルーテシアが引き取られる直前の週末はラストドライブでお出かけしました。

    新しい車の事も気になりますよね
    俺もyoutubeの公式動画やら試乗動画を見まくりました。
    愛着のある車とのお別れは寂しいですが、ずっと乗るにはすごく覚悟が必要ですし、新しい車は新たな生活を与えてくれそう。

    実は国産中古車(コペンローブ)をセカンドカーとして、去年末から乗ってるのですが通勤で4月から使い始めて、タイヤがそろそろヤバそうだと、新車より早く悩みが来たりしてます。

  4. きっと乗り換えの決断も早いのだろうなぁと思っていたら、やはり!ルーテシアの行先も決まっているようで。それなら寂しさがあっても半減してくれるでしょうか。そして次は国産中古車。きっと屋根が開くのでしょう。何なんでしょうね。全く見当がつきません。どんな車が納車されるのか、今か今かと待っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です