意外と多いオープンカー、しかし

週末の天気に恵まれた日は、どこも渋滞。私が暮らすエリアは特にひどい。なので、ドライブは日が暮れて観光地の店が閉まってからだ。1時間ほど海沿いを流す。空気が冷えてくると透明感が増すような気がして、江の島の灯台もいつもより少しだけキレイに見える。

平日の昼食後は、約30分ウォーキングするようにしている。
会社から海岸に出て歩くコースが定番だが、時々は西方面へ舗装された134号線を歩くこともある。天気が良いとけっこうオープンカーを見かける。屋根を閉めているのと開けているのと半々くらいだけれど、運転しているのは100パーセント男性だ。男性一人がもっとも多いけれど、カップルでも必ず男性が運転している。なぜだ。

理由は色々思いつくけれど、運転出来るなら運転したほうが楽しいのに・・・と残念に思う。でもこれは私の個人的な感覚であり、そうは思わない人もいるのだから仕方がない。でも、正直、見飽きてるんだよその組み合わせ!と心の中で叫んでいる。

しかしながら、女2人が乗ってるオープンカーというのが、実は私の憧れるスタイルでもある。それは、あの名作映画『テルマ&ルイーズ』の影響だ。確かこのサイトでも紹介したことがあったような・・・

あったぞ。

カッコイイ!痺れる!!
この映画を観て、「ブラピ若い~、素敵~」といった感想しか持たない人とはお友達になれないだろうが、ともかくアメリカでしか撮れない世界観。

自分自身に起こった問題を、オープンカーが解決してくれるわけではない。ただ少なくとも、力にはなってくれる。テルマとルイーズのように旅に出るのは理想的だけど、私のように毎日の通勤においてさえ、信号待ちの時に夕焼けの空を見上げたり、周囲の風景の中に溶け込むように思えたり、冷たい空気が流れて行くのを肌でキャッチしたり、それだけでも「生きてて良かった」と思えてすべてに感謝したい気持ちになる。屋根が開くだけで、色々な感情をもたらしてくれる。これは、助手席に座りっぱなしではダメなのだ。自分でステアリングを握らないとこの感動はない。

とは言え。

先日、ルノーメガーヌ3RSのお友達と会って、少し試乗してもらった。自分のクルマの助手席ってなかなかいいもんだ。天井は無限、足元は広いのでくつろげるし、シートエアコンの暖かい熱がじんわり体を温めてくれる。つまり最高?

うーん、やっぱルージュフラムって魅力的な色!!今も大好き!!そして久々に眺めるメガーヌ3のフォルムは唯一無二

ところでルノーって美しい色はとことん美しいけど、そうじゃないのはとことんそうじゃないってのはどうしてなんだ・・・両極端過ぎる。

まあそれはいいとして、

自分のクルマって運転しても助手席でも後部座席でも楽しいものだ。そう言えばルーテシアでもそうだったし、特に思い入れの無い他人のクルマの助手席は楽しくもなんともないことが先のBMWにおいて痛感させられたし、やっぱり「私がオーナーです」が大切なのだ。

今朝も洗車していると、向いのご主人が奥さんのピンクの軽自動車を洗車していた。奥さんはクルマに興味はないのだろう。すべてご主人任せのようだ。これがまあ、世間一般の図だよね、と思いながら、私はZのホイールを磨いていた。

4 Replies to “意外と多いオープンカー、しかし”

  1. ふぐさん
    この際はっきり言わせて頂きますが、奥様は激レアな素晴らしい女性です。前からそう思ってましたけど、
    今は確信しています!やはりルーテシアな方々、元ルーテシアな方々はお相手もクルマを楽しめる方が多い気がしてきた。
    それは世間的には少数派だと思います。まさにマイノリティ。
    CR-Xデルソルはあの動きが摩訶不思議で強烈な印象を残すクルマですな

  2. 我が伴侶は以前乗りたい車としてCR-Xデルソルを挙げ、当時はお手軽だった中古車を買って彼女用の車として気に入って乗っておりました。
    また、共用だったときには彼女の希望もありマイクラC+Cを購入してますし、再び二台体制になった今はオープンカーでは無いもののキャンバストップのトゥインゴを選ぶことからも「屋根が開く」ことは車選びで大事な要素であるようです。

    と言いつつオープンカーとして定番車種は選んでいないあたりが(笑)

  3. リーパーさん、こんばんは
    昨日もオープン日和で、張り切ってディーラーへ出かけたら東名の事故のせいでひどい目に・・・
    でも、超渋滞中でも屋根ないと色々楽しいですね。標識とか下から見上げて「落ちて来たら嫌だなー」とか
    考えるのも楽しかったです笑。

    楽しもうという気持ちがある方が助手席だと気分良く走れるのではないでしょうか?だってつまんなそうに座ってる女性多いですもん。
    「仕方なく同乗してます」という感じで。そこを考えると、やっぱりオープンカーってやはり趣味性高い乗り物なんだなぁ・・・
    Zはどれくらいが一番快適なんだろう・・・会話が成立するのはどれくらいまでなのか、まだ試していないのでよくわかりません。
    そもそもまだ高速道路をまともに走っていないので、色々と未検証ですが、それだけ楽しみが残っているとも言えますね。

    私も・・・実はこのルージュフラムのメガーヌ3RSが出た時、一瞬心が揺れたことを告白します。

  4. 今日は暑すぎずオープン日和でした。
    今日開けずにいつ開けるの?とクローズドで走るオープンカーを何台か見ましたが風の巻き込みが多いから同乗者が嫌なのかなと思うようにしてます。我が家の助手席担当(免許無)は帽子やら首巻きやらをフル装備にして出かけてますが、楽しもうという気持ちが大事かもです。
    Zではそんな事ないかもですが、コペンは60キロくらいが快適でそれ以上は音楽はよく聞こえなくなり、会話は出来ずとなります。
    ルノーの色ですが、メガーヌ4RSにルージュフラム出たら買うのにって思ってたけど出なそうです。

Comments are closed.