BLOG  閉塞感を打ち破るには

 

それにしても、平日夕方の、帰路途中にあるコメダ珈琲の快適さと言ったら。ちゃんと繋がるWi-Fiは無料、コンセントもある、人が少なくて静か、一服も出来る。おまけに店員さんたちがものすごく感じがいい。仕事帰りにこれ以上はないほどの空間。ついつい立ち寄ってしまう。この地域の雰囲気もとてもいいし、すっかり常連です。

今日は親友のお誕生日。誕生日も近く、出席番号が前後だった私たちが知り合って20年以上。今も一番の親友でいてくれることに改めて感謝!

さて、先月体調を崩してから、完全復活とは至らずに「低め安定」を維持しています。
決定的原因がわからないままの「不調」って、気分も落ち込みますよね。私の場合はひどい頭痛で悩まされましたけど、体全体も重くて本当に鬱々としていました。

そこで、この「何となくパッとしない日々」を何とかしたいと思い、自分にとあるルールを課しました。それは「出来る範囲でいいから、何かひとつ昨日と違うことをやってみる」ということ。

例えば、昨日とは違うものをランチに入れる。昨日とは違うルートで帰宅してみる。昨日とは違うエクササイズをやってみる。5杯飲んでいた珈琲を半分に減らす。行ったことのない店に入ってみる。そんな小さなことから、やってなかったことをやってみる、などもあります。今回の場合は、たまにはスタジオでホットヨガしてみるとか、地元のマッサージサロンへ通ってみるとか、そういった「体のためのこと」もトライするようになりました。何かを治癒するのではなく、自分で自分の状態に気づきやすくするため、と言ったほうがいいでしょう。特にヨガはやはりそういった面で効果的だと思いました。

普段は自室でヨガしていますが、自分のここらへんのパーツがダメだ、というのがわかりやすいですし、終わった後のスッキリ感も気持ちいいです。スタジオでは男性の姿も多くなってきましたね。ダイエットとして考えると疑問符がつきますが、自分の心身を整えるには良い方法です。

これまでは買い物とかで発散していたこともあるんですが(今もやるけど)、今回は「何かを変えてみる」ということがだいぶ役に立っています。シャンプーを変えたりするだけでも効果があるんですよね。髪が長ければバッサリ切るのもいいのでしょうけど私はすでに短髪なので、せいぜい色を変えるとか七三分けにしてみるとか(笑)そんなことしか出来ないんですけど効果はあります。それに、体調不良の時は眠剤がないと眠れなかった私ですが、今では意識してリラックスする時間を寝る前に作るようにして、改善されてきました。今日あった嫌なことは今日のうちに全部濁流に流しちまう!さようなら!というイメージをしながら深呼吸するだけでも違います。

何年かに一度、こういう時期って巡ってくるんですよね。
比べ物にならないほどタフな時期も過去にはありましたが、結局乗り切って今があるってことです。過去は変えられませんが現在と未来は自分次第で変えられますからね。それには昨日と同じことをやっていては何も始まらないような。だからと言って急に何か大きなことをしようというのではなく、あくまでも「出来る範囲で」を積み重ねていこうと思います。これまでは拒絶していたようなことも「試しにやってみるか」くらいの軽い気持ちでトライ。その時に大事なのは「結果に対する期待」ではなく、「体験すること」に意識を向けることが大事なのではないかと。

来月からはまた怒涛のスクーリングが始まりますし、今のうちに色々とエネルギーを吸収しておかないと。

私の好きな世界の範囲はとっても狭くて、嫌いなものやどうでもいいもののほうがずっと多い。好きなものやことに対しては強いこだわりがあるために、ストライクゾーンは本当に無いに等しい状態。なので、そこから足を出してみるという行為は実はけっこう勇気の要ることなんですね。でも、結果に期待しないことを覚えれば気持ち的にも楽なことがわかりました。

外から変化の波が押し寄せてくることは、あまりありません。人から何か言われても「ふーん、そう」で終わってしまいがちですが、何かを変えたければまず自分の中から、ですね。それを実感した夏でした。

 

 

sponsored link

カテゴリー: BLOG