BLOG ストイックに、ドラスティックに

9月からジム活を開始して、そろそろ3か月たちます。よく続いてるなぁ。

2か月目にジムの体組成計で細かく測ってもらいましたが、体重はジグザグしながらも確実に落ちて来ているし、脂肪量が減って筋肉量が若干ですが増えてきています。週3回~4回、仕事帰りに2時間弱のトレーニングを淡々とこなし、食事も緩~く気を付けながら過ごしています。来年の春くらいにはすべての数値で目標を達成する予定。

見た目としては二の腕がスッキリしてきたのと、ウエストラインがくっきりしてきました。ジーンズもお腹周りに余裕が。しかし、最難関のへそ下とおケツはまだまだ先が長そう。

メニューは「筋トレと有酸素の日」「有酸素だけの日」を交互にやり、週末にはヨガをプラスというスケジュール。毎回必ず最初はエアロバイク10分で体を温め、筋トレの日はそこからベンチで背筋→ウエスト捻るマシン→アダクション&アブダクション→チェストプレス→ヴァーティカルなんちゃら。有酸素はクロストレーナー40分。クールダウンで再びエアロバイク10分。帰宅してから自室でストレッチとレッグレイズにプランク。

当初はダイエット目的で始めましたが、ある日、右足の痛みが歩けないほど悪化。これはただの筋肉痛じゃないだろう、ってことで整形外科を受診したところ、私の股関節は生まれつき変形していることがわかり、筋肉の衰えによって負担が掛かっていることが判明。以来、それを克服すべく、理学療法士さんの指導の元、トレーニングを強化。特に腹筋と大臀筋、中臀筋あたりを鍛えることで股関節にかかる負担を減らすそうです。ダイエットにも一石二鳥。夏にやったギックリ腰も、もしかしたら股関節に起因しているのかもしれない、と思ったり。

本当はプールでの運動がベストらしいのですが、プール恐怖症(水全般において恐怖がある)なのでプールには入れません。立派なプールのあるジムなんですけどね。

療法士さんに最初の時に比べるとものすごく改善している、と褒めてもらえました。通っているジムは放任システムなので、彼女がパーソナルトレーナー代わりです。一時は「このままだと杖?人工関節?」と考えてかなり落ち込みましたが、トレーニングの結果が少しずつ体に出て来ると精神的にも楽になり、「まだまだ全然いけるわ」と前向きに。

こうしてひとつのことにストイックに取り組むと、他のことが疎かになるのは私が不器用だからでしょうか。大学の勉強は一時停止されたまま。筆もなかなか進まない。正直、帰宅すると疲れてしまっているというのが直接の原因ではあるのですが。目標に達したらペースダウンするつもりです。きっと気持ちにも余裕が出てくるはず・・・

とは言え、目標を掲げていてもモチベーションが落ちる時もあります。トレーニング中に「どうして私はこんな辛いことをやっているのだろう」とくじけそうになる時もあります。先日も一時的に落ちたので、シューズを新調しました。
赤い!!履くだけでやる気になる!!!細い靴なので、普段24.5サイズの私でもパトリックだと26相当のサイズに。運動用(ランニングは股関節がぶっ壊れるのでやらない)なのでつま先に若干の余裕を持たせたためでもありますが、試し履きして正解。

自分の体に降伏するわけにはいかない。
この先も自分の両足で好きなクルマを運転したいし、ハイヒールも履きたいし、絵も描きたい、ピアノも弾きたい、旅行だってしたい。そのための努力は惜しみません。もう少し体が軽量化したらさらなる野望を持っているのですが、自分の体調と相談しながら地道に続けていこうと思います。

年末年始に備えて、自宅にもトレーニングベンチ導入しようかな・・・

 

sponsored link

カテゴリー: BLOG