洗車とスキンケアの関係

女と洗車は相性がいい?

休日のガソリンスタンドや、通りすがりの洗車場、おうちの前でも。洗っているのはほとんど男性ばかりです。なぜ!?
女性と洗車って、相性いいと私は思うのですけれど。

洗車はお掃除と言うより、肌の手入れと同じ、と私は考えています。
メイクはその日のうちに落とさないと色素だの成分だの汚れだのが肌に残ったままになり、当然肌に悪いです。溜まれば溜まるほど落とすのが大変になります。最悪、湿疹になったりシミになって跡が残ったりしますよね。

クルマも同じです。
クレンジグした後は保湿しないとガビガビになったりひび割れてくるのも同じです。

 

自分の肌をケアするように

私の場合は、週に1回くらいが「お手軽洗車」、1か月に1回~2回が「しっかり洗車」というペースです。
晴れてなくても、雨が降っていない限りはルーティンとして洗車しています。いい天気だから洗おう、ではなく、習慣化しました。

特別なことは何もしません。全体の念入りな水洗いと拭き上げのみです。毎日の肌ケアのルーティーンと同じで、手順はほぼ決まっています。「しっかり洗車」の時も、それにシャンプー、コーティング、車内のお掃除、エンジンルームも出来る範囲でお掃除、が加わるくらいです。必要に応じてフロアマットは手洗いで洗濯。あとは数ヶ月に1度の「エステ級洗車」もあります。自分の肌も時々はプロの方にトリートメントを施術してもらいたいように、たまにはクルマもプロにお願いするのもいいですね。私はまだお願いしたことはありませんが。

 

 

しかし個々のクルマに見合った洗車の方法があるはずなので、ベストなアドバイスを頂けるのはやっぱり同じ車種に乗る詳しい方。その方法から、自分にも出来そうなことを取り入れてやってみればいいのです。私も色々教えて頂き今に至ります。

手袋は必需品。刺激の強い洗剤や汚れのひどいところに手を突っ込むこともあります。特に爪に入った汚れはなかなか取れませんよね。そうなる前に手袋を。私は長靴も履きます。当然、紫外線対策だの防寒対策だのも必要になってきますが、そんなことを面倒に思っていたら始まりません。

あとは、必要に迫られた時に、その部分だけをマメにきれいにすること。後回しにしない。面倒だと思っても、後回しにしたらもっと面倒に。

例えば、疲れ過ぎてもう面倒!とお風呂に入らない日はありませんか?正直、私はあります。昨日もそうでした。結果、次の日にお風呂に入ったとしても2日分の汚れやら汗やらを落とすことになり時間も手間もかかる。髪も2度洗いになりますし色々と面倒になります。それと同じ。

特に気にしているのがホイールとタイヤの汚れ。クルマにもよるんでしょうが私の愛車ルーテシアは黒がスパイス色。黒がビシっと美しいと赤も引き立つクルマなので、黒い部分の汚れは早めに落とすよう心がけています。汚れていると、靴が汚れているような気持ちになってテンション下がるんですよね。

美しいものを眺めてしまうのは、人もクルマも同じ

洗車していると、それまで気づかなかったことにも目がいきます。小さな傷を見つけて落ち込んだりもします。劣化部分を発見することもあります。肌ケアをした後に自分のすっぴんを念入りに観察するのと同じ。あっ新しいシワが!とか、ちょっと炎症起こしてるな、とか。

とは言っても、肌ケアと違って「習慣」まで持って行くのは少し大変。はっきり言って楽な道はなく、淡々と洗うのみです。
それでも、他所のパーキングに停めた自分の美しい愛車を見て感じる「恍惚感」を得られると思えば苦にはなりません。さらに、他車の状態にも目が行くようになるので、汚れたクルマの横に停めたくなくなります。よって、なるべく両隣が空いた状態の、店の入り口から離れたスペースに停めるようになります。そして、自分のクルマを見てニヤニヤする・・・・
ここまで来れば、大成功。

私の経験からすれば、洗えば洗うほど自分のクルマが好きになり、今では習慣を通り越して癒しタイムとなっているくらいです。人間と同じで、いつまでも若くピチピチな状態を保てるわけではありません。ですが、美しくエイジングするためにも、洗車は大切。スキンケアとまったく同じ。唯一違うとすれば、クルマは劣化すればパーツ交換出来ますが、自分の肌は出来ないことくらいですね・・・

sponsored link