カー用品・・・その魅力なき世界

不毛な響きを持つ「カー用品」という言葉。

そもそもカー用品とは何を指すのか。皆さんはどこからどこまでがカー用品ですか?部品じゃないんですよね。用品なんです。
車内で使用するグッズという認識で良いのでしょうか。例えばドリンクホルダーとか?芳香剤とか?携帯ホルダーとか?クッションとか?傘入れ?ゴミ箱?ティッシュケース?お食事トレイ?だってほら、洗剤とか雑巾とかは洗車用品でしょ?

うーむ。こうして改めて考えるとあまり思い浮かびません。
そして、そのどれも私には不要なのであまり馴染みがありません。

そこで、ワクワクするカー用品とは何か。興味があったので読んでみました。

 

買いますかね?

そもそものコンセプト(上記記事より)

「個人的なモデルを想定しました。オーストラリア人のジャックと、日本人の奥さんのマリさんの夫婦です。ご主人は整備工として働きながら、キャンプとかサーフィンが好きなアウトドア派。奥さんはどちらかというとヨガとかカフェとかオーガニックとか、優しい感じのナチュラルライフを送っています」

が、もうこの時点でダメ。これって他所の人が持つ「湘南ライフってこんな感じ」にすごく似ていて、胡散臭いイメージしかありません。ナチュラルライフが好きなオーガニック信者ねぇ。今の日本は、こういうファミリースタイルが「幸せでおしゃれの象徴」なんでしょうか。だとしたら貧相過ぎます。何がダイバーシティだ!

わかってます!!私自身と私の周囲のクルマ好きは大人であり、さらに最大公約数には入れない人ばかりだということを。
この記事にもありますが、ターゲットは都市部の若者よりもクルマがないと生活に困難をきたす地方の方々、と聞けば納得です。クルマのメンテナンスのついでにこじゃれたカー用品があったら買っちゃう感じなのでしょうか。多分、「こんなものは他のもので代用出来る」とか「カー用じゃなくてもデザイン性を重視したい」とかそういう考えはあまり無さそうな層が買いそうな気はしますね。でも地方の若者であってもネットがあるんだから、そっちで買いそうなものですし、あまり都市部とか地方とかは関係ないような気もします。

洗車用品とか消耗品を主に私はオートバックスで探したりしますけれど、店内を徘徊していつも思うのは、プラスティックのビーズみたいな何かがついたトレイとか、〇ッキー柄のハンドルカバーや小物とか、一体誰が、どんな層が買うのか不思議で仕方ありません。そもそも車内でこんなでっかい小物入れが必要なのか(もはや小物入れではないが、需要があるから売られているのだろう)、とか謎な商品が多いので観察している分には面白いんですけど、買う気になることはまずあり得ません。まあそもそも、私のルーテシアの車内には不要なものばっかりだという大前提があるのですけど、よくよく考えたら「わざわざカー用品店で買わなくてもいいもの」までそこで一緒に買っている、という層が明らかに存在するってことですよね。

「その店で一度に済めば楽」という感覚は理解出来ます。でも何が悲しくてカー用品店でトートバッグやTシャツを買わなければならないのか。Hard Rock Cafeみたいに店舗所在地のロゴが入ったコレクション性を持つTシャツとかならわかりますけどね。まだディーラーに陳列されているロゴ入りの何か、のほうが持ちたい気にさせます。実際はルーテシアンな先輩方がオリジナルを生み出していらっしゃいますから、それで満足しているのですけど。

こういうカー用品があったら買いたい!というのは・・・やっぱり思いつきません。自分の好きな物に囲まれていたい私は、車内で使用するからカー用品、という思考には至らないのです。

ただ、クルマ好きが集まれるカフェ、というコンセプトは歓迎。なかなかそういう店がないですから。街の中にオートバックス規模の駐車場を持ったカフェがあると、それはそれで楽しいかもしれません。

sponsored link

カー用品・・・その魅力なき世界” への2件のフィードバック

  1. DRIVER "A" のコメント:

    そうですねぇ、記事の中にもあるように主力であったナビがスマホに取って代わられているのは事実ですし、需要が拡大していると思われるドライブレコーダーも1周すれば終わりですし、何よりアマゾン始めネット勢力がすごいですからね。
    実店舗として何が出来るか、どうしたら人が集まるのかを考えた挙句こういった形になったのだと思いますし、それは正しいとは思いますが私個人に需要はないですね笑。「そこは求めてないよ」って言う。

    GT CAFEみたいなお店が都会にもあればいいんですけどね〜

  2. HIRO@LUTECOCO のコメント:

    あ~これインスタ映え狙いの画像を撮りに行きたい人がお手軽にアイテムを揃えられる品揃えじゃないですか。インスタのアカウントも作っていますし。こんなことができる余裕があるんだからまだまだ大丈夫じゃないでしょうか(オートバックス)。

    なんともメディアが考えそうな理想の〇〇像。世界のどこに綺麗な部分しかない家族なんか存在するっていうのだろう。

    マリの愛車MINIは沢山登場するのにジャックの愛車ワーゲンバスはほぼ登場しない。オシャレな演出をしきれなかった?マトモな個体が手に入らなかった?最近テレビCMでも登場するルノー4あたりにしておけば良かったのに。笑

    あぁ~まぁ~私みたいな田舎の人が行って「都会のオートバックスは凄いなぁ」と思って感動するくらいの作りのお店にはなるのでしょう。そこでお金を落とすかというと落とさないとは思います。物を知る入り口としては良さそうです。

現在コメントは受け付けていません。