私の北欧スタイル

先日、クルマ仲間で「冬の栃木」についておしゃべりしていた時のこと。

私のイメージでは、冬の栃木は北欧のイメージでした。カナダとかスイスではなく、なぜか北欧。理由は自分でもわかりません。
でも、お友達が住んでいるところは雪が積もるのも年1回あるかないかだそうで。東照宮のある日光などはとても日本的でしょうから北欧ともまた違うだろうし。先日訪れた那須あたりだと、少しはイメージが近いかもしれませんね。

北欧と聞いて皆さんがイメージするのは何でしょう?
白夜?IKEA?サンタクロース?針葉樹?ムーミン?シベリウス?愛読するフィガロジャポンでも時々北欧特集をやりますが、ハワイと北欧はさらっと読んでおしまいです。要するにあんまり惹かれる要素がないんです。
私は北欧に降り立ったことはないのですが、ヨーロッパに行くフライトはスカンジナビアの上を飛んで行くので、上空なら通ったことが。でも多分、一生縁がなさそうな地域。

それはさておき、「シンプル&ナチュラル志向なあなたは是非クルマも北欧仕様に!」という記事を教えてもらいました。

↑カードが上手く表示されてない場合は、こちら

 

クルマを北欧仕様にしたいならVOLVOに乗ればいいじゃん。

なんて意地悪なことは言いませんよ。インテリアですインテリア!要するに車内をナチュラル&ブルーイエローに大人しく仕立てあげれば、ほら、北欧スタイルでしょ?という宣伝なのですが・・・

私が考える北欧スタイルとはちょっと違います。北欧と聞いて真っ先に思いつくのはムンク。以下は特に好きな2作品です。

 

Ashes 若い頃ずっと自室の壁に貼っていた絵です。もう色んな妄想を掻き立ててくれますね。

 

Madonna よがっている女性に不気味な胎児、周りには精子がうようよ。ストライク過ぎます。このくすんだ赤も実は結構好きなんです。

 

彼の不穏で暗い作風は、ノルウェーの天候も無関係ではないと思いますね。来年はムンクの大きな展覧会が来日するらしいので楽しみです!!「叫び」しか知らないあなた、是非他の作品も見て鬱々とした気分になってください。

それから、北欧インテリアと言えばルイス・ポールセンとクリントのペンダントライト(デンマーク)。え?IKEAで見た?多分それは亜流・・・モノホンは高価です。

 

 

100歩譲って車内に北欧を持ってくるなら、マリメッコ(フィンランド)のファブリックは外せないと思うんですけど、「ナチュラル志向」の日本女子にはウケが悪い?

 

洗練された尖ったデザインが多いのも北欧の印象。特に家具や建築など。だから私にとっての北欧スタイルは、「シンプルでナチュラル」ではなく、「前衛的で不穏」なのです。全然ナチュラルとかほっこりとかじゃありません。

やっぱり北欧好きな女性がクルマを選ぶなら、謎な内装だけとは言わずガッツリVOLVOを選んでください。私はVOLVO乗りの印象いいですよ!だって私のルーテシアを褒めてくれたのは、偶然に2人ともVOLVO乗りだったから笑。

 

sponsored link

私の北欧スタイル” への6件のフィードバック

  1. DRIVER "A" のコメント:

    これまでは栃木=那須のイメージであったと、実際に栃木を訪れて気づきました。
    だから、栃木の皆さんはああいうところに住んでいらっしゃるのかと。住宅地、当たり前ですよね笑。
    アメリカにいた頃、ミシガン州というところで暮らしていたのですが、北なので冬は当然雪でした。
    高校生もクルマ登校なもんですから、みんなオンボロのクルマで凍った駐車場でクルクル回って遊んでましたよ笑。
    ドラテクが鍛えられる?

    カズオ・イシグロいきましたか。
    私は彼の原作の映画をいくつか観たことしかありませんが、イギリスも暗いですね。北側は突き刺す寒さで、北欧のようなロマンティックさもありません。
    それを考えると、日本は雪深くても情緒があるんじゃないかと思います。

    ムンクはドロドロです。確か女性恐怖症だったような気がします。でも、私個人はノーテンキな絵より暗い絵のほうが好きなので、
    彼のドロドロな苦悩も創作のモチベーションだったのではないかと思います。

  2. DRIVER "A" のコメント:

    ロマンティックですね。でもやっぱり青×黄のイメージじゃないですよね〜。
    オーロラでガチ北欧。いいじゃないですか。気合いが必要だと思いますが・・・。

    LongSiさんくらい頻繁に海外行き来していると、絶対に「何だそりゃ!」って逸話が数多くあると思います。
    そういう変な話題で盛り上がれたら楽しいですよきっと笑。
    お酒は基本飲みませんが、お酒を飲む場所は好きです。LongSiさんが国内、ひいては都内県内にいらっしゃるタイミングで是非♪

  3. hiro lutecoco のコメント:

    那須のリゾート地や日光の中禅寺湖、戦場ケ原なんかは綺麗な自然の中にコテージ風の建物がポツンとあったりして、北欧風に見えるかと思います。でも私の実家や先生のお宅のあたりは家ばっかりで。笑 ずっと前(20年とはいいません)は平地でも雪が30センチは積もっていた記憶がありますが、もうずいぶんそういうことはないと聞きました。それでも車好きの知人は雪が降ると奥日光のほうへ遊びに(車を雪の上で滑らせるのが楽しいんだとか)行っていたとききますから(数年前の話)、やはり那須や日光では結構積もるのだと思います。紅葉シーズンはもう栃木より西の方へ移動していったでしょうから渋滞も緩和されているはず。雪が降る前に行ってみようかなぁと思っていますよ。

    流行にのって読んでみた「わたしを離さないで」は舞台がイギリスで、作品全体に漂う暗い雰囲気、弱い日光、針葉樹林、厳しい寒さ、乾燥・・・といった様子を感じました。車についてはほとんど描写がありませんが「古いボルボ」や「ボロのローバー(そんな表現でした)」が登場していました。ボルボに乗る女性ってカッコイイでしょうねぇ。

    そしてムンク。雰囲気凄いです。笑 きっと頭の中に流れているものは重油のようにドロドロして黒いものなんだと思いました。

  4. LongSi のコメント:

    なるほど、、国旗かぁ…(*・ω・)ノ
    何と安直な…

    9月に行きましたが、ある日の早朝、起きたら一面の濃霧。幻想的でしたねー。

    死ぬまでに、オーロラ見にガチ北欧に行きたいと思ってるのですが、機会あるかなぁ。。

    意外と、口にしてみると大した海外談義ネタじゃ無さそうな気もしますが、是非に!
    お酒飲まれなきんですよね?

  5. DRIVER "A" のコメント:

    お、私の周りで北欧行った人、お初です!
    やっぱり弱々しい日差しなんですね。黄色と青はただ単にスウェーデンの国旗の色じゃ・・・とも思いましたが、実際はやはり暗いイメージです。
    スカンジナビア上空はいつもだいたい夜なのですが、真っ黒な中にオンレジ色のライトがぽつん、ぽつんと見えたりして、あれを見るともうすぐ着くなぁって思うんです。
    LongSiさんとは一度海外談義したいですね(^ ^)

  6. LongSi のコメント:

    北欧。。ガッツリ(?)北欧は無いですが、DenmarkとSwedenには行きました。
    脳裏に残ってる街のイメージって、弱々しく低い日差しに照らされた、くすんだメタル色。形より色がイメージに残ってますねー。その色の奥に建造物だったりが透けて見える感じ。

    # ブルーじゃないww

現在コメントは受け付けていません。