泣きながら運転したことありますか?

iTunesが勝手に編集してくれるMIXを流して読書していたある夜のこと。

突然、ある歌詞が私の耳をとらえました。

 

新しい圏央道 朦朧と時速60キロ
このままどこまでも どこへでもどこかに行っちゃえばいいのに
きっと帰って 目を冷やして 明日の会議も出るんだろう

 

この歌は何?誰?まるで私のことみたい。

胸を抉られるような歌詞に出会い、すぐにクレジットを確かめました。歌い手はNakamuraEmiさん。厚木市出身のシンガーソングライターです。「台風18号」という作品でした。

改めて全編聴いてみると、どうやら失恋の歌のようです。が、現在失恋状態にない私でも胸にグサグサと突き刺さる言葉が囁くように歌われ、「誰かの歌を聴いて泣く」という体験を久々にしたのでした。

愛車を運転して走るのは基本的にとても楽しいことなのですが、皆さんは運転しながら泣いたことはありますか?

私は・・・ありますね。
クルマの中は1人きりですから、人目も憚らず泣きながら運転したことって何度かあります。それは思い出し泣きだったり、感動泣きだったり、怒り泣きだったり色々ですが。音楽を聴いて思わず泣いてしまうこともあります。
辛い状況になると私は泣くよりも怒るほうなので笑、辛くて苦しくて泣くことはあまり無いのですが、この作品を車内で聴いたらやっぱりやるせなくなりました。いい歌です。

この「台風18号」は先ほども書いたように失恋の歌なのですけれど、他の作品にもクルマが登場します。

 

金曜日大きな門を出て 車のドア閉める途端涙が出る
ポタポタ容赦なく理由なんかに意味は無く
一週間体がもったこと 無事に仕事を終えたこと
さぁ走れ私のぼろい車 次は都会世界どこへでも

「使命」より

 

都会から田舎の会社にクルマ通勤する女の子の歌なんですけど、なかなかに同感出来て彼女の作品が好きになりました。ただ、けっこう脆いところをグリグリされる感じで決して前向きにはなれない世界がそこには展開されるので、「楽しくない時にクルマで聴きたい」音楽とも言えます。

大好きな椎名林檎の歌にもクルマは出て来るんですが、レンタカーで樹海に自殺しに行ったり、房総半島にクルマで心中しに行ったりするので聴くタイミングをかなり選ぶんですよね。あの世界もとても好きなのですが、NakamuraEmiさんの歌う「日常の中のクルマ」もとてもフィットします。

ではご紹介します。ショートヴァージョンですが、「台風18号」。見覚えある道路も出て来ます。

 

 

辛い・・・でも、元気は出る。

良い作品に巡り会えました。iTunesよ、ありがとう。

sponsored link

泣きながら運転したことありますか?” への2件のフィードバック

  1. DRIVER "A" のコメント:

    メジャーデビューしたらしいので、認知度も上がって来ているのかも。プロフィールを見たら「車のエンジニアとして働いていたこともあった」と書いてあったので、ますます好感度大です。女の持つ閉塞感が飾らない言葉で綴られていて、男性にも聴いて欲しいですね。

    映画館で号泣、わかります。年齢を重ねるにつれて涙もろくなるのは本当だな、と最近実感しています(笑)。

  2. hiro lutecoco のコメント:

    良いなぁと思って使命の方も聞いてみたら「なんか聞き覚えがある声と歌い方」と思って他の作品も見てみたら「やはり」。Don’tという作品が最近ラジオでよく流れていました。結構人気が出てきているようですね。

    私は映画館で号泣する率が高いです。笑

現在コメントは受け付けていません。