レンタカーに乗って

あまりカラオケは行かないのですが、若い頃は付き合いで行くこともあり、「サーキットの娘」とかよく歌ってました笑。サーキット行くとあの歌が脳裏に・・・と想像していたのですが、自分が走るとなるとそんな余裕もなく。でもあの歌は冒頭の音からして二輪ぽいですよね。

先日、富士スピードウェイに早朝向かうのに、レンタカーを走らせて。スタッドレス装着車のほうが安全かな、と思って。慣れないクルマでしたが、Dに入れればそれですべて終わり。可もなく不可もなく走り続けます。減った分だけガソリン入れて、はいさよなら。

レンタカーなのでもちろん「わ」ナンバーでした。ってことは、やっぱりこの歌でしょう!ってことで、椎名林檎「走れわナンバー」(わ、は小さい文字)。

ちゃんと再生されるかわからないけど

この歌は、ライブのセットリストだと「労働者」という歌の次に来るのですが、この歌の最後に「もう疲れたよ」という字幕が出て、その後に「そうだ、樹海行こう」と表されるのがお決まり。そして、この曲がスタートします。

その演出の通り、レンタカーで樹海に行く歌ですが、音的には最高っす!カッコいい音してるなぁ。

返そう。もう皆返そう。レンタカーならハイオク満タン現金で元通り。 ああ、燃料0%を切った我が身は、何処へ返そうか。 決して捜さないで。

 

でも、生きて帰ってきて欲しい・・・

レンタカーって不思議な感覚です。代車もそうですけど、なんか、あまり良く知らない人の部屋でくつろいでいる感じ。暇なんだけど、落ち着かない。居心地が悪いというわけではないのだけど、私が私でなくなるみたい。だから、死にに行くにはもってこいなのかもしれません。執着ないから。自分の愛車で行ったら絶対死ねない。でも、どうだろう。崖からダイブすれば愛車と心中出来るかもしれない・・・

おっと物騒なことを考えてしまいました。最近ちょっと気分がダウン傾向にあるのでついつい暗いほうへ暗いほうへ思考が偏ってしまいます。こんな時に林檎の歌を聴いては余計に危ない!と思いつつ。

おやすみなさい。

 

sponsored link