雨の日が楽しいのには理由がある

悩ましいフロントガラス問題

私、撥水されるのが嫌いです。フロントガラスも時々油膜とかを落とす程度で、特に何もしてません。雨粒は弾けるのではなく、滴り落ちて欲しいから。

なんてことをカッコつけて言っていても、どう頑張ってキレイにしたところで毎日乗っていればすぐに汚れてきます。そして雨の夜間の運転は神経使います。ギラギラまではいかなくとも、普段わからない汚れが浮き出てきて一度気になり始めると気になってしまう・・・フロントガラスに模様は要らないのに。

でも、雨の日の運転が楽しい理由がひとつだけあります。それは、ザ・ワイパー。

 

ワイパーもドライバーに似る?

愛車ルーテシア ゼンのワイパーは、気まぐれです。
基本、動いて欲しい時に動いてくれない。オートにしていても、連続にしていても、私の感性とは永遠にタイミングが合わないのです。最初の頃は戸惑いもあったのですが、今ではもう楽しくて。「意地でも動いてやらないから!」という意思を感じた場合は手動で強制的に動かしますけど、やる気ない動きをしていたかと思うと突然ヒステリックに動き出したり、今じゃないでしょ!って時に動いたり。もうね、感情があるとしか思えないのですよ。

たまに「さあ!」って時に動いてくれたりすると、妙に嬉しい。なんかワイパーというか愛車と会話しているみたいな感じになるんです。気分屋なところは私と非常に似ています。

センサーの感度がいいのか悪いのか未だによくわかりません。手動で動かすとなると確かに余計な操作がひとつ増えちゃうんですけど、苦じゃありません。何もかもクルマがやってくれるようになったら、きっと楽しくない。

信号待ちの時や停車中の時は、ワイパーを動かさず、雨がダラダラと流れるフロントガラス越しに世界を見るのが好きです。余分なものが見えなくなるので、とても世界が美しく見えるから。なので、ワイパーがそれを掻き消してしまうと、毎回ちょっと残念な気持ちに。

いつも以上にゆったりとした気持ちになりますし、雨の日は雨の日で、愛車を運転することはやっぱり楽しいのです。

 

sponsored link