クルマの色が気になります

ルーテシアのSUVが誕生したとか。

・・・この世に必要なクルマなのか?買う層がまったく想像出来ないので、変態車になりそうな気がしないでもない。

今朝も前を走っているエクストレイルっぽいクルマのリアハッチに「SKYLINE」ってロゴが入っていて、目を疑った。私にとってのSKYLINE=とにかくかっこいい、という思い込みを見事に覆され。

友達と話していて、「SUVの稼ぎで私たちが欲しいと思うようなクルマの開発費や維持費を賄っていると思い込めば納得出来る」ということに気づきました笑。海外老舗高級メーカーもSUVをじゃんじゃん作ってガンガン売ってもらって、出来るだけ長く本家である伝統的で美しいクルマの維持に努めて欲しい・・・

 

それはそうと、某Bのプロモーションが勝手に流れてきました。

うーん、何だこの違和感と暗澹たる印象(個人的私怨は除いたとしても笑)。こういう配置の画像は良く見るけど、まったくときめかないどころか暗い気持ちになる。その理由は何だろう。

 

わかった。これでしょ。

色の彩度です。

某Bのほうは、彩度低めの良く言えば落ち着いた色味ですね。大人っぽいというか渋いと言うか無難と言うか。赤系や黄色系も「原色のクルマに乗りたいけれど、あんまり派手なのはねぇ」という嗜好にぴったり。ボディの大きさに対して色の印象があまり迫ってきません。「あの人はBに乗ってるけど、あー、何色だったかなぁ」という結果になりそうな。

一方、我がルーテシアは彩度高めのヴィヴィッドな色味。そもそもルノールーテシアってクルマを知らない人でも「あの(光輝く)黄色いクルマ」とかって色の印象で表現することが出来ると思う。わかりやすい。某Bが大人の色鉛筆だとしたら、ルーテシアは子供の色鉛筆。いいじゃないそれで。私はパキっとした華やかな色が好きなんだ。蛍光色は大嫌いだけど。そして、白とか黒とかグレーなどの無彩色も例外じゃない。パキっとした無彩色がより好み。実際、白とか黒とかグレーも私自身はちっとも無彩色とは思ってないんですけどね。

クルマを選ぶ上で、色は私にとって最重要事項です。
私は赤が好きですが、赤と言っても多種多様な赤があり、その中で自分が「これだ!」と感じる色じゃないと惹かれません。例えば同じルーテシア4でも後期の赤、ルージュ・ド・フランスは渋い、トーンの低い赤。私のルージュ・フラムとは印象がかなり違います。
国産車の黄色系が美しくないのも謎です。赤系はマツダさんが頑張っているような気がしますね。ちなみにルーテシアR.S.の白は青系の冷たい白で、どのクルマの白より好きです。なんつーか人間に例えるとサド侯爵しか考えられない。

クルマのSNSなどを眺めていると、目を疑うような装飾で美しい地色を破壊してしまっているようなドレスアップをたまに見ます。何を良しと思うかは人それぞれ。私も一度、愛車のホイールのアウトラインに赤いテープをくっつけてみたんですけど(一応、それ用に売られているものです)、装着して離れて見たらあまりのバカっぽさに笑いが止まらなくて。速攻剥がしました。

赤が好きとは言え、ルーテシアにも内装が赤いのとかオプションであったように思いますが、あれらは私にとってはちょっとやり過ぎ感があって一瞬検討しましたがすぐにやめました。一番面積の広いボディに一番華やかな色が塗られているので、他は地味でいいじゃんという結論に至っています。内装は確かに安っぽいですが、フロントの三角窓のところにボディの赤がちゃんと見えるので、「赤いクルマに乗っている」のを常時感じられて嬉しいのです。

最近、しばらく洗車していない状態の小汚い愛車の姿も、美しいと思うようになってしまった。「毎日使い倒している感」が出ていて、ちょっと汚れていたほうが逆にフランス車っぽいのかもしれませんね。

 

sponsored link