買い物嫌いのための買い物

買い物が嫌いです。
食料品の買い物が。
こういう人間もいるのです。

「あぁ、食材買いに行かなきゃ」と思うと逃げ出したくなる。自宅近くにもスーパーはあるのに、ルーテシア通勤なので家族は私に頼りっぱなしだし(「クルマなんだから買ってこられるでしょ?」みたいなことをよく言われる)。でもスーパーには1秒たりとも長くいたくない。時間がもったいなくて。

かと言って避けられる問題でもないので、今までは退社後に会社近くのスーパーなどを素早く利用していましたが、今月から試しにネットスーパーを利用してみることに。

イトーヨーカドーと楽天西友ネットスーパーを比較してみたところ、品物の豊富さと安さで後者が勝ち。でも後者は自宅だと配送エリア外。さてどうするか。試しに職場の住所を入力してみるとOK!そうだ、職場に届けてもらってそのままルーテシアに積んで帰れば楽チン!

まるで誰かが私の代わりに買い物をしてそのまま持って来てくれた、という雰囲気で商品が届きます。でも、レジ袋が多めなのが気になる・・・インドみたいに「使ったら罰金」にしたらいいのに。

楽天と提携したことで楽天スーパーポイントも溜まるし、何より「買い物に行かなくてはならない」というストレスから解放されたことに万歳!それに、お腹がすいている時にスーパーへ行くと、変なもん買っちゃったりすることもありましたがそれも防げるし、常時カートの中を確認して予算との兼ね合いも簡単。配送料?自分でスーパーへ行く憂鬱さを考えたら数百円はアリですし、わざわざ持って来て頂けるのだからむしろお支払いしなければ、とも思います。

それでも画面から食材を選ぶのは苦痛。なので、我が家の厨房支配人である母にあらかじめ欲しい食材をリストアップしてもらうことに。1週間〜10日間くらいに1度の利用というペースです。

とか言いながらも、例えば昔ながらの商店街をブラブラするのは好きなのですが、もうそんな商店街は身近にほとんど残っていません。

出来れば一生料理しないで生きていきたい、と真剣に思っています。昔は料理せざるを得ない時期もありましたが、苦行でしかありませんでした。基本、食べることにあまりこだわりがないし(グルメじゃないと言う意味ね)、私の舌は感度ゼロでセンスもゼロ。つまり味覚の感性が乏しい。普段はそこらへんのものを適当に食べる程度。お友達との外食が唯一、楽しく美味しく食べられる機会とも言えます。

それに、選ぶことがもう面倒。例えばお昼に近くのパン屋さんやコンビニで手軽に何か買ってこようと思っても、いざ商品を目の前にすると選ぶのに10分くらいはかかるのです。食べたいものが無い時は特に悩んでしまう。誰か決めてくれないかなー、とすら思う(でも実際は友人のほとんどが私の好き嫌いの多さを知っているため、辞退するはずだ)。

こんなに料理嫌いなのは、多分幼少の頃に受けた周囲の大人たちからの食物ハラスメントのせいではないかと疑っています。それに加えてお酒も飲めないため、成長してからも例えば気になる人から「食事に行きませんか?」「飲みに行きませんか?」というお誘いを受けるとガッカリして行く気もなくなるという(今思えば大抵の人はちゃんと「何が食べたいですか?」とか聞いてくれましたけど、そんな質問の答えすら考えたくない時期がありました)。

老後の理想は「行きつけの店」で済ますことです。でも「海と街が見える山の平屋の一軒家を大正モダン風にリメイクして住む」ことが老後の理想でもあるので、交通手段はどうするんだろう・・・免許返上してるかもしれないし、タクシー利用になるのかな、でも家事代行を頼めば解決じゃん!なんて、もう料理のことを考えるとばあさんになった自分の生活まで想像することになり・・・・

気持ちが暗くなってきたのでもうやめよう。

とにかく、ネットスーパーはもっと早くから利用していれば良かったです。さようならリアル買い物。

sponsored link

カテゴリー: LIFE