クルマで巡る東京ビッグサイト

クルマで巡る美術館第8回は、東京ビッグサイト(東京都江東区)です。

 

言わずと知れたビッグな展示会場。ずいぶん昔に何かのイベントで行った記憶があるのですが、あまり覚えてない。幕張メッセと混同しているかも。

今回は「東京モーターショー」を観覧のために訪れました。と言っても混雑が嫌だし、見たいブースは限られているしな、と思っていたところへサラリーマンの友達と終業後に訪れることになりました。夕方以降は入場料も安くなって900円。

臨海副都心で首都高を降り、しばし渋滞の末、到着。どこの駐車場に回されるのか不安でしたが、東サブゲート裏のアクセス抜群の駐車場にとめられました。ゲートブリッジと飛行機が美しい。期待感を持って入場します。

 

着いてすぐにもちろんルノー部屋へ。

 

自分もルーテシアに乗ってるくせに記念撮影

 

相変わらずのルーテシアの美しさが際立っていましたね。ルノー的には恐らく新しいメガーヌ4を推し推しな空気でしたが、ちょっとね。メガーヌは3のRSがやっぱりカッコいいよ。エステートも大きいけど悪くない。だけど一番目立ってた黄色いのは、なんかルーテシアをズドンと大きくしただけみたいなんだもの。おまけにリアのデザインは、どうしてこうなっちゃったんだろう・・・。と言うことで、実車を見ても「ふーん」で終わってしまいました。

 

たまたま操作ミスで撮れたショットですが、興味の無さが表れていますな

 

ルノーはRSメインなので、けっこう地味というか硬派なイメージの演出。ルーテシアの色彩が並んでいるのが何よりの好物である私にはもちろん物足りませんでしたが、結局ルーテシアが一番バランス取れててカッコいいじゃない、という結論に至りました。でも、後期型のデイライト?あれは個人的にイマイチです。無理やりぶっ込んだ印象がして、ちょっと浮いてるかな、という感じ。クルマそのものは進歩しているのでしょうけどスタイリングは後退しているような気がします。他のお部屋に比べて少し「やる気」を感じられなかったのは気のせいでしょうか。F1マシンがどかんと展示してありましたが、それ以上でもそれ以下でもなく。後から思い返すと、多分、赤いのがなかったからかもしれません。赤いのが1台いると、いっきに華やかになるんですよね。でも、これはこれで良いのかもしれませんね・・・

翻ってトゥインゴGT。MTというだけでも好感度大。可愛い系のルックスが苦手な私としては選択肢にはもちろん入らないのですが、このご時世にちゃんとMTを入れてくるあたりはルノー偉い!って素直に思います。

と言うのも、確かにクルマのショーではあるのだけど、この「デザイン家電売り場に来ました」感は一体何なんでしょう。でっかいカッコいい家電がどん!と置いてある、という感じ。私が前回の記事で挙げた「おしゃれなクルマ」とはかけ離れた世界でした。それゆえ、ポルシェ911とかクルマらしいクルマの前ではやはり立ち止まって見入ってしまいます。

 

ええと、小売価格21,000,000でオプションが4,000,000と。

 

そして・・・すでに書くべき内容がなくなった笑。最新装備にもあまりときめかないし、イタリア車は出展してないし、時間がなかったのもありましたがこれと言って「良かった!」と思えるものはありませんでした。マツダは気合入ってましたね。なんかもう異空間でした。コンセプトモデルは3D造形作品としか思えません。でも、惹かれるかと言ったら惹かれません。美しい、というのとちょっと違いました。

それから平日だからでしょうか、キャンギャルのきれいなお姉さん方もあまり見かけませんでした。どこのブースもお兄さんかおじさんの社員な方々。そういう意味では華やかさはなかったかな。昨年訪れた「日産ヘリテージコレクション」という博物館は、もっとワクワクしたのですけどね。当然現在よりも古いクルマばかりなんですけど、なんかこう胸がドキドキするようなクルマたちがたくさんありました。

普段間近であまり見ることのないクルマたちをこの目で見て乗り込んだり出来るのは楽しい体験ですけれど、ちょっと消化不良でしたね・・・

 

 

 

sponsored link

クルマで巡る東京ビッグサイト” への2件のフィードバック

  1. DRIVER "A" のコメント:

    ありがとうございます。似合うとおっしゃって頂けるのが何より嬉しいですね。だって世界一好きなクルマですもの。ジョンシリウスもいけるかな?笑

    クラシックカーはおしゃれですよね。せんせいが2番目にお好きだと仰っていたのはロータスヨーロッパスペシャル、というクルマでこれまたおしゃれでした。現代のクルマたちが束になっても敵わないスタイリッシュさは、やはり古いクルマのほうが多いのかもしれません。

    やはり縮小傾向にあるのですね。出てないメーカーもありましたし、お姉さんも平日だからカットされてるのかも。

  2. hiro lutecoco のコメント:

    あぁやはりルーテシアがとてもお似合いです!確かに黄色と青とオレンジと・・・では足りないですね。

    「デザイン家電売り場に来ました」感・・・しっくり来る表現でした。古い車は見ているとドキドキワクワクします。私、その世代ではないのですけれどね。先日あったラ フェスタ ミッレ ミリアなんてお好きなイベントなんじゃないかと思うのですが。

    縮小傾向にあるモーターショー。お姉さん代もバカにならないからなのでしょうね。夕方から安くなる代わりにお姉さん居ませんよって。

現在コメントは受け付けていません。